タグ「品質管理」が付けられているもの

デバイス古今東西(52) ―― イノベーション創発を最優先するリーン・スタートアップの考え方

 前回のコラムでは,価値を生まない活動を排除し,価値を最大化させる活動を促進する「リーン思考」について議論しました.今回は,この無駄を排除す... 続きを読む

コラム 2013年8月22日

準拠/未準拠の判定自動化を推し進める新しいCコーディング・ガイドライン「MISRA C:2012」とは? ―― 「MISRA C:2012 との付き合い方」セミナ

 2013年3月18日,車載ソフトウェア開発に関する業界団体であるMISRA(The Motor Industry Software Rel... 続きを読む

レポート 2013年4月25日

クリティカル・システムに使う市販ソフトウェアの検証方法(4) ―― 市販ソフトウェア・ベンダが提供する検証記録の内容

本連載では,市販ソフトウェアの使用に際して求められるリスク分析や検証作業,市販ソフトウェアの検証記録の作り方について解説する.今回は,検証記... 続きを読む

技術解説 2013年3月29日

クリティカル・システムに使う市販ソフトウェアの検証方法(3) ―― 検証記録に含めるべき事項を考える

本連載では,市販ソフトウェアの使用に際して求められるリスク分析や検証作業,市販ソフトウェアの検証記録の作り方について解説する.今回は,テスト... 続きを読む

技術解説 2013年2月28日

クリティカル・システムに使う市販ソフトウェアの検証方法(2) ―― 誰が,何をもって市販ソフトウェアが信頼できることを証明するのか

本連載では,市販ソフトウェアの使用に際して求められるリスク分析や検証作業,市販ソフトウェアの検証記録の作り方について解説する.今回は,市販ソ... 続きを読む

技術解説 2013年2月21日

クリティカル・システムに使う市販ソフトウェアの検証方法(1) ―― ソフトウェア品質論の推移とシステムの安全性確保の考え方

ソフトウェアに対する安全対策の要求は,航空宇宙産業や軍事産業に始まり,医療機器,自動車など,今や多くの電子機器へと広がっている.これらのクリ... 続きを読む

技術解説 2013年2月 8日

MISRA C++ワーキング・グループ 議長に聞くコーディング標準の活用法とコード・レビューのポイント

 2012年11月8日,全国町村会館(東京都千代田区)にて,MISRA C++ワーキング・グループの議長であり,MISRA Cワーキング・グ... 続きを読む

レポート 2012年11月 9日

アジャイル開発におけるドキュメンテーションの実際(2) ―― ドキュメントの「必要最低限」の見つけ方

本連載では,アジャイル開発とウォータ・フォール開発の両方を経験している筆者が,アジャイル開発におけるドキュメントの位置づけや作成方法について... 続きを読む

技術解説 2012年11月 2日

開発システムの品質向上に貢献できる技術ドキュメントについて考える ―― ASDoQ大会2012

 2012年10月5日,愛知工業大学 自由が丘キャンパス(名古屋市千種区)にて,システム開発文書の品質について考えるシンポジウム「ASDoQ... 続きを読む

レポート 2012年10月12日

人間を支援するツールとしてプロセスを導入する ―― ソフトウェア品質シンポジウム 2012(SQiP 2012)(2)

 2012年9月12日~14日,東洋大学 白山キャンパス(東京都文京区)にて,「ソフトウェア品質シンポジウム 2012(SQiP 2012)... 続きを読む

レポート 2012年9月24日

"ぶつからないクルマ"の品質向上は想定・実験・調整の繰り返し ―― ソフトウェア品質シンポジウム 2012(SQiP 2012)(1)

 2012年9月12日~14日,東洋大学 白山キャンパス(東京都文京区)にて,「ソフトウェア品質シンポジウム2012(SQiP 2012)」... 続きを読む

レポート 2012年9月14日

多くの危険に満ちている"C言語",安全に使うためにはコーディング・ガイドラインが不可欠

 世の中は「モデリングだ!」,「UMLだ!」とにぎやかで,「コードはもう自動生成の時代だ!」という話もあります.しかし,大多数の現場では,現... 続きを読む

コラム 2012年8月 3日

デバイス古今東西(39) ―― 過剰品質とは何か,製品価値と時間の概念を切り口として考察

 本コラムでは,製品価値を切り口として日本の「過剰品質」の問題について考えてみます.価値工学では機能とコストの二つの次元で検討を進めるのが一... 続きを読む

コラム 2012年7月24日

アジャイル開発におけるドキュメンテーションの実際(1) ―― 本当に必要ですか? そのドキュメント

要求仕様書や設計書から取り扱い説明書(マニュアル)まで,システム開発ではさまざまなドキュメント(文書)を作成する必要がある.特に,ウォータ・... 続きを読む

技術解説 2012年4月 6日

拝啓 半導体エンジニアさま(35) ―― 品質向上のためのノウハウの蓄積が,製品を市場投入する際の足かせに

 半導体業界に限らず,日本の「工業界」に身を置いていて,自然と身につくのが「品質第一」という考え方ではないかと思います.筆者も長年そういう考... 続きを読む

コラム 2012年4月 6日

バグが激減? 手間が倍増? Wモデル導入成否の分かれ道 ―― ソフトウェアテストシンポジウム 2012東京(JaSST'12 Tokyo)(2)

 ここでは,2012年1月25日~26日に開催された「ソフトウェアテストシンポジウム 2012東京(JaSST'12 Tokyo)」において... 続きを読む

レポート 2012年3月 2日

Microsoftは膨大な数の不具合に「トリアージ(緊急度判断)」で対応 ―― ソフトウェアテストシンポジウム 2012東京(JaSST'12 Tokyo)(1)

 2012年1月25日~26日,「ソフトウェアテストシンポジウム 2012東京(JaSST'12 Tokyo)」が目黒雅叙園(東京都目黒区)... 続きを読む

レポート 2012年2月 9日

はんだボイドが大幅に減る真空リフロはんだ付けに関心が集まる ―― 第41回インターネプコン ジャパン

 電子基板の製造・実装技術に関する国内最大の展示会「第41回インターネプコン ジャパン」が,2012年1月18日~20日に東京ビッグサイト(... 続きを読む

レポート 2012年1月24日

文書品質改善と現場対応をマネージャ視点で考える ―― 「良いドキュメント」の効用と現場の経験談を共有

 皆さんは,「システム開発文書品質研究会(略称:ASDoQ,アスドックと発音)」という団体をご存じでしょうか.2011年6月にET West... 続きを読む

コラム 2011年10月31日

開発文書の品質を「見える化」,ソフトウェア品質監査制度の導入促進に貢献 ―― システム開発文書品質研究会 第1回研究会 レポート

 2011年7月11日,名古屋大学 東山キャンパス(愛知県名古屋市千種区)にて,「システム開発文書品質研究会(ASDoQ:Associati... 続きを読む

レポート 2011年7月15日

123
タグクラウド