『CQ Endeavor Verilog HDL』,『CQ Endeavor VHDL』

2012年2月14日

HDL EndeavorとCQ Endeavorとの違い


CQ Endeavor Verilog HDLのご購入はこちらから

CQ Endeavor VHDLのご購入はこちらから
 

 本学習ソフトウェアは,1999年,2001年にリリースされた(株)エッチ・ディー・ラボの『HDL Endeavor』が元になっています.

       参考記事「インタビュー:VHDL教材,設計スタイルガイドをもとに推奨記述を絞り込む

 HDL EndeavorとCQ Endeavorの違いを以下にまとめます.

  • 個人で購入できる額にした
     HDL Endeavorでは別々に販売していたパッケージ・ソフト(コンテンツのCD-ROM)とワークブックを一つにまとめ,さらに低価格で提供しています.
     
  • Webブラウザで動作するようにした
     従来は独立したアプリケーションとして起動していたため,OSのバージョンアップなどに対応しきれないところがありました.
     
  • 従来あった幾つかの問題を解消した
     - 仮想メモリを外さないと起動できない(Verilog HDL版のみ)
     - 管理者権限でないと起動できない(Verilog HDL版/VHDL版ともに)
     以上の問題は,CQ Endeavorでは解消しています.なお,Shockwaveプラグインをインストールするときは,管理者権限で行う必要があります.
     
  • 全体の約1/4のコンテンツを削除した
     CQ Endeavorでは,内容をHDL設計主体にしてスリム化しました.このため,論路回路基礎に関する単元と論理合成に関する単元を削除しました.
     
  • 一部のコンテンツの誤りを修正した
  • 疑似シミュレータと疑似論理合成ツールを削除した
     FPGA向けの本物のツールが無償で手に入るので,こちらを使うように推奨し,Altera社のQuartus IIとXilinx社のISEの簡易マニュアルを添付しました.
     
  • アイテム集めやさまざまなキャラクタが登場する部分を削除した
  • テキストに,独習に役立つさまざまな説明を追加した
     - 推奨する学習方法やHDL設計の考え方
     - 学習単元前後の概略説明と補足説明
     - 無償で使える論理合成ツールやシミュレータの紹介と操作方法

 

«  1  |  2  |  3  | 4
採用情報
関連

トランジスタ技術 FPGAマガジン

トラ技Jr.

Interface編集部からのお知らせ 一覧を見る

12月19日火曜日(博多にて) 12月号緊急特集「直感的に使えるディープ・ラーニング用GUIソフト登場」のオフ会開催です

11月24日金曜日 12月号特集「人工知能ウルトラ大百科」のオフ会開催です

オフ会のページを更新しました

10月31日火曜日 11月号特集「これから注目のIoT無線大研究」のオフ会開催です

メニュー