『CQ Endeavor Verilog HDL』,『CQ Endeavor VHDL』

2012年2月14日

CQ Endeavor VHDLのオンライン・デモ

 
CQ Endeavor VHDLのご購入はこちらから
 

 CQ Endeavor VHDLのCD-ROMに収納されている学習ソフトウェアは,アニメーションおよび音声ガイドにより,ヴァーチャルな講師によるマン・ツー・マンの講義を受講することができます.ただ聞くだけでなく習熟度を判定するテストもあります.ここでは,その一部を閲覧して体験することができます.

 CQ Endeavor VHDLは全体が30の学習単元(ユニット)で構成されています.各ユニットでは,基本文法,回路記述,テストベンチ,記述ノウハウなどを扱っています.

 画面上をクリックして解説ボタンを押してください.講義が始まります.

 なお動作環境は以下の通りです.
  OS : Windows XP,Vista
  ブラウザ : Internet Explorer 6および7
  プラグイン : Shockwave player

 Shockwaveが必要な方は,ここをクリックしてダウンロードしてください(Shockwaveプラグインをインストールするときは,管理者権限で行う必要があります).

 注:以下のデモンストレーションでは,音声(アナウンス)が重要です.PCのスピーカを必ずONにして実行してください.

 

VHDL版のデモンストレーション

1.簡単な記述例 ‥ 「E1(8) 動作記述によるセレクタの記述2」

 ここでは簡単な記述例としてセレクタ(選択回路)について解説しています.強調,反転,吹き出しなどを用いて効果的に解説していることに注目してください.

 ←クリックしてください

 

2.修了判定の例 ‥ 「E1(11) 修了判定1」

 各ユニットの最後には修了判定があります.これは穴埋め記述式の修了判定の例です.採点ボタンを押すと正誤判定し,誤った場合には解答の助けとなるヒントを表示します.

 なお,このデモでは記入した解答は保存されませんが,CQ Endeavor VHDLでは,ログイン・ユーザごとに受講記録として保存されます.

 ←クリックしてください

 

3.回路記述例 ‥ 「C6(3) アップダウンカウンタ」

 CQ Endeavor VHDLでは数多くの回路記述例を説明しています.すべて論理合成可能な記述例です.このユニットにいたるまでに基本的な部分は学習済みですので,このユニットでは目的の回路の要点を中心に解説しています.

 ←クリックしてください

4.より高度な内容の例 ‥ 「O4(3) ジェネリックによるライブラリの定義」

 Oユニットでは実際の設計に役立つ重要な情報を提供しています.ここでは,ジェネリックを用いてライブラリ作成を行っている例を説明しています.

 ←クリックしてください

 

 CQ Endeavor VHDLのテキストには,このような解説ページが約300ページ含まれています.本学習ソフトウェアを用いることで,VHDLによる設計・検証・論理合成をひととおり学ぶことができます.



 

«  1  |  2  | 3 |  4  »
採用情報
関連

トランジスタ技術 FPGAマガジン

トラ技Jr.

Interface編集部からのお知らせ 一覧を見る

12月19日火曜日(博多にて) 12月号緊急特集「直感的に使えるディープ・ラーニング用GUIソフト登場」のオフ会開催です

11月24日金曜日 12月号特集「人工知能ウルトラ大百科」のオフ会開催です

オフ会のページを更新しました

10月31日火曜日 11月号特集「これから注目のIoT無線大研究」のオフ会開催です

メニュー