本誌について

2009年4月 1日

 Interface誌は1974年に創刊されて以来,コンピュータ技術にこだわる専門誌として先進的かつ専門的な技術情報を読者の方々に提供し続けています.

 現在,身のまわりにある電子機器――OA機器,情報家電から白物家電にいたるまで,マイクロプロセッサによってインテリジェント化されていない機器を探すことのほうが難しい時代になっています.

 我々は,PCやEWS以外でマイクロプロセッサを搭載した機器の設計・製造に関連した技術を「組み込み技術」と名付けています.これからの時代,「組み込み技術」がますます重要度を増してゆくことに間違いはありません.

 「組み込み技術」という概念の中に包括される要素技術は多種に渡り,それぞれが奥行きの深いものです.本誌は,「コンピュータ技術の専門誌」として,このような間口が広くて奥行きが深い「組み込み技術」にこだわり,要素技術の解説に努めてゆきたいと考えております.

 具体的には,
  • 組み込みマイクロプロセッサボード周辺技術
    • マイクロプロセッサ(RISC/DSPなど)
    • メモリ/周辺ペリフェラル/PLD
    • ストレージデバイス
  • 組み込み機器向けソフトウェア開発
    • オペレーティングシステム(リアルタイムOSも含む)
    • ファームウェア/デバイスドライバ/ミドルウェア
    • プログラミング言語――C/C++/アセンブラ/Javaなど
    • 組み込みアプリケーション開発
  • インターフェース技術
    • PCI
    • USB
    • IEEE1394
    • Ethernet
  • アプリケーション開発技術
    • ディジタル信号処理
    • 計測/制御
    • 画像/音声処理
    • オブジェクト指向
    • アルゴリズム開発
    • シミュレーション
    • 開発ツール
などを中心に,「今日からすぐに役立つ技術」,「いつかは必ず役立つ技術」を具体的なかたちで紹介・解説してゆく方針です.

 実際,本誌は,コンピュータにかかわるすべての技術者,研究者,学生,アマチュアの方にとって必携の雑誌であると自負していますし,またそうであり続けるよう心がけています.ぜひとも本誌を机の上に置いていただき,また本棚に本誌を揃えていただければと願っています.

編集部一同


 年間予約購読のご案内へ
採用情報
関連

トランジスタ技術 FPGAマガジン

トラ技Jr.

Interface編集部からのお知らせ 一覧を見る

オフ会のページを更新しました

10月31日火曜日 11月号特集「これから注目のIoT無線大研究」のオフ会開催です

2月17日金曜日 2月号緊急特集「本家ARMのIoTワールド入門」のオフ会開催です

3月号「ラズパイから Googleの人工知能体験会」オフ会のご案内

メニュー